【富谷市民俗ギャラリー】トレーディングカード第3弾発行&特別企画展が、今回も実は面白かった(しんまち)

こんにちは!富谷市の民俗ギャラリーでたまに発行される

「トレーディングカード」の第3弾が発行されたと聞いたので、行ってきました。

今回は「御用箱」です

カードの裏面には、この御用箱についての説明書きが!

MEMO

この御用箱とは、江戸時代の宿場町において関府の文書やお店の物品などを納めていた箱です。

この民俗ギャラリーで所蔵している御用箱…

全国的に見ても、結構大きいという特徴があります。

大きさが気になった方は是非、民俗ギャラリーで現物サイズを確かめてみてください♪

MEMO

民俗ギャラリーって、「民ギャラ」って略すみたい

令和元年度第3回特別企画展

富谷に駅があって、電車も走っていたってご存知でしたか?

(富谷から、中新田まで走っていたんですって!)

実は10/4〜12/1まで

「富谷の今昔路物語」という特別企画展も行われていて

チラシ

カードをもらうついでに、のぞいてみました。

トミー
トミー

ついでって…

そしたら、仙台鉄道の車両写真や、電車の設計図!!!

その設計図から起こした、模型の展示まで行われていましたよ!(感動)

電車の設計図、こんな感じなの!?え!?と

素人の私でもわかる感じの設計図で、

もしかしたら私にも電車作れちゃうかも!と、

不器用なのに結構興奮しました。(それくらい簡潔に見えました)

そして更に驚いたのが、

昔の電車…

人力だったって知ってましたか!?

トミー
トミー

人力!?

驚きすぎて、3回ほど言いましたよ。

「電車が人力って何事!?」

「え!?足で漕ぐの!?」(人力に何故か、アヒルさんボートを想像)

「人力車じゃなくて?人力電車???」と大混乱。

この年表に書いてあります↓

初めの登録は、人力(人車)で登録したものの

人力だとやっぱり山が超えられない…等不備が生じた為

翌年には「原動力を石炭」とした蒸気機関に変更申請されたよう。

更に、石炭だとちょっと弱いということで

原動力を「ガソリン」に変更。

しかしガソリンだけでは心もとない…ということで

「ガソリン動力に蒸気の併用」として再度申請。

…と、日々走らせながら試行錯誤を行なったようです。

※ガソリンと石炭が近かったからか、一度火災で焼失してしまった時も。

トミー
トミー

今は当たり前に走っている電車だけど

昔はそんな試行錯誤を繰り替えし行なっていたんですね

※この年表を眺めるだけではわかりませんが、

民俗ギャラリーの職員さんに質問してみると、

ちゃんと答えやエピソードが返ってくるので面白いです。

編集長の疑問・質問(答えは是非聞いてみてください)

Q:富谷から中新田まで何時間くらいかかったの?

Q:賃料って、いくらくらいだったの?

Q:この遠足に行っていた山寺洞雲寺ってどこにあるの?今も有名?

→この電車が原因で、お寺にある出来事が発生!(それにも驚き!)

富谷駅当時の、サインボードなども展示してあります。

これらは、個人所蔵のものですので今しか見られませんよ!

電車が好きな方、上記の質問の答えが気になる方は、

この機会に是非、民ギャラへ行ってみてはいかがですか?

富谷の今昔路物語

時:2019年10月4日〜12月1日

時間:9:30〜16:30

場所:富谷市民俗ギャラリー(富谷市まちづくり産業交流プラザ(TOMI+)3F)

住所:富谷市新町95

電話:022-358-1531

休館日:月曜日(祝日月曜は開館しその翌日休館)

観覧料:富谷市民、小中学生無料(市外の方、大人100円、高校生50円)

コメント

  1. […] →今、富谷市民俗ギャラリーで行われている特別展の内容はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました