【オリジナル食器が作れる?】サロンドュランコントル(ポーセラーツのお店)

ポーセラーツ教室「サロンドュランコントル」のYoshiko(よしこ)さんをご紹介をします。

Porcrlarts(ポーセラーツ)とは、「porcelain(磁器)+art(芸術)を組み合わせた造語」だそうです(株式会社:日本ヴォーグ社の登録商標、同社HPより引用)

⇒簡単に言うと「白磁の陶器(白いお皿)に、好みの転写紙(シールのようなもの)を自由にレイアウトして、オリジナルの食器が作れるワークショップです。

講師のYoshikoさんは、たまたま見ていたTVの「大人がハマる習い事・ポーセラーツ」に異様なほど惹かれて、TVを見ながら同時にPCにて「ポーセラーツ」と検索したそうです(見た翌日に検索〜ならよくありますが、見ながらって…よっぽど魅せられたのですね)1年間のレッスン・修行を経て見事インストラクター資格を取得されました。

そして、現在はご自宅の敷地内にある素敵なDIYハウスにて、少人数制サロンをしています(とてもDIYとは思えないおしゃれな建物です♡)

サロン名の「ランコントル」にはフランス語で「出会い」の意味があります。

ポーセラーツを通して、色々な方との素敵な出会いがありますように‼︎と願いを込めてつけたそうです。そんなサロンにある転写紙の種類は、取材当時でも150種類ありましたが今ではもっと増えているそうです「いろいろなお客様と「出会い」があるたびに、それぞれの好みに「出会う」ので、転写紙の種類はどんどん増えていってます♪」とYoshikoさんはとても嬉しそうでした(生徒さんの人数に比例&季節毎の新作も増えて、今や常時数百種類あるそうです。

トミー「すごいですね!」

ポーセラーツの作品はその人の性格を見事に反映させるそうです。Yoshikoさんは「自分では思い描けない転写紙の使い方もあって、そんな皆さんの作品に出会えるのも楽しみ」なのだそうです♪

Yoshikoさんと一緒に“ランコントル”を楽しんでみてはいかがでしょうか?

【初体験価格】価格:2000円

好きな白磁(白いお皿をやマグカップなどを選べます)

所要時間:2時間(ケーキなどのおやつ付き)

(転写紙の貼付は、小学校高学年くらいからならできるくらい簡単です)

※ポーセラーツは、後日焼成(しょうせい)してからのお渡しとなります。

(焼成:約800度の電気釜にて約8時間焼付けること)

※焼成期間:約5日〜7日(当日お持ち帰りすることはできません)

※お引き渡し方法はLINE交換後、お渡し日が決まってからお渡し時間等を、都度相談

焼き上がりイメージ

〈サロンデュランコントル〉

Yoshiko(よしこ)

ポーセラーツ認定講師

TEL:090ー4449ー4637

salon.du.rencontre@gmail.com

少人数制サロンへの申込・問い合わせは、添付のライン@のQRを読み込んでご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました